一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

I先生から、先日検査依頼したUPC検査の

結果のお知らせメールが着た☆

 

 

***************************

 

 

   尿比重:1.005(希釈尿)

 

尿ペーパーにてpH7.0、潜血反応(±)、

        他ぺーパーでの特記すべき異常所見なしです。

 

尿蛋白クレアチニン比(UPC):0.79
(尿蛋白:11mg/dL、尿クレアチニン;14mg/dL)

 

 



解釈

UPC 0.2以下 :非蛋白尿

0.2〜0.5    :境界域蛋白尿

0.5以上    :蛋白尿

 

 



蛋白尿であった場合、慢性腎機能障害(以下CKD)の

ステージにより治療開始レベルが異なります。

 

 

 

 

CKDステージ1(Creは正常だが、SDMAが14以上 or 尿比重低下)

UPCが2.0以上はすぐに治療適応レベル

UPCが0.5〜2.0までは定期的なモニタリング

 

 

 



ステージ2〜(Creの上昇を伴う=腎機能の指標としての

               GFRが25%以下と判断)の場合は、

UPC0.5以上が治療適応になります。

 

 

 

 

 

今回のメルちゃんにあてはめますと、

SDMAが13と参照値(2016.2.11時点)であることから、

まだGFRは60%以上残存していると考えられますので、

UPCは0.5以上と蛋白尿ではあるものの、

すぐに治療開始ではなく、定期的なモニタリング・・・・と

臨床的にコメントできると思います。

 

 

 

 

***************************

 

 

要治療域に進んでなくてよかった〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜は、祇萓犬良賊,帽圓辰燭里世韻鼻Α






行った時に、空いてて、尚且、メルが診察最終だったら
腹部エコー検査をお願いしようと思って受診した。






受付終了となり、メルの診察最終が決定したので
あたしの予定通りエコー検査をやっていただいた♪
 






祇萓検愆梁.茱掘腎臓ヨシ!・・・』って
言っちゃうのだけど・・自己確認のためね!






でも、この『ヨシ!』は もう終わり!って
メルが間違えて、起き上がろうとするのよ。
 ↑
これ看護士 Sちゃんも、『かしこいコほど
『ヨシ!』に反応するんですよ〜!!』って言ってたけど・・






祇萓犬法m『終わるまで、『ヨシ!』って
言うのは禁句ね!!』って毎回言っておいて、検査開始!!笑






データは W先生の方と共有するので
USBメモリを持参して入れていただくのだけど・・

昨日は、何が何でも!!って思ってなかったので
持参するのを忘れてデータが手元にないのよね。。


メ『先生、はやくオヤツちょーだーーーーい!』





メル@検査前にも先生にオヤツを貰ったので・・

m『先に、貰っちゃったら
  お利口にしなきゃいけないんだよ〜!!』って言ってやった!
 ↑
じゃ、貰わなきゃよかったとは
メルは思わないよ!!
くれるならいつでもジャンジャン受付中!!プッ






で、






結果的に、どこも異常は見つからなかった!
腫瘍・萎縮・それから胆泥等なく、
歳の割に各臓器 キレイすぎる☆☆☆☆☆
  ↑
まっ、キレイ=見た目で、
だからと言って異常はないとは言い切れないので
併せて触診はもちろん、
血液検査・尿検査等もやるのだけどさっ。







経過観察中の脾臓の結節性陰影
コレも特に変化なし=問題なし☆







検査後でも、早く帰ろう!ってじぇーんじぇん言わんメル

検査・診察終了で、
m『もう帰るよ〜〜〜!』って あたしが診察室出ても、
メ『まだ帰らないよ!』って、出てきやしない@オイッ!
 ↑
こんな調子なのでエコー検査だって、
何が何でも嫌なわけじゃない!

またやっちゃうもんねーーーー!!イヒヒ・イヒヒ







来た時は、まだ外も明るかったけど・・
帰る時には 真っ暗に★

メ『また明日も来る??』

m『いや・・明日は来ないよ!』
 ↑
毎日行きたいんだってさーーーーっ☆プププ








 

メルのお薬を買いに行ったついでに・・・


メ『ねぇ、まだなの〜?』





狂犬病予防注射猶予証の発行もお願いした!



メルの場合、猶予理由は、てんかん発作のため





これ、てんかんの他にも猶予可能とされる理由もあるのよ〜!!





例えば、腎疾患で急性期、増悪期の腎不全のコとか・・
ガンに罹患したコだってそうでしょう!

 


具合が悪いとか死にそうなのに
何が何でも打ちたいってって飼い主居るじゃない!?
 ↑
どーして、そんなに打ちたいと思うのか(正義のため!?)
あたしゃ理解出来んわ〜〜〜@

具合の悪い時に、人だって、ワクチン接種はしないでしょ!!
犬だって、同じよ!!





すでに、ワクチン接種の案内葉書が届いてから
3ヶ月くらい経過するので、
すでに接種済みのコが多いと思うけど・・



厚労省がガイドラインを出してるので
迷ってるなら、ご覧になったら〜?

狂犬病集合予防注射実施のためのガイドライン - 日本獣医師会




 

今年のHDUから算出された 
浜松の感染開始日が
5月7日となったようで・・・





1ヵ月後の6月7日位までに 
1回目の投薬をすればいい!!






月末までに、受診予定はないかも!?ってことで
昨日、一緒に処方していただいてきた。






メルには モキシデクチン60μg含有の錠剤

忘れないように カレンダーのメル欄に
貼っておけば、あたしが忘れてても
誰か気付くでしょ☆笑






 

数日前・・








夕散歩から戻って来たメルが
前肢を上げて、ビッコちゃん@@@








えぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜









パットになんか刺さった??って見たけど、
なーんもない!









なんだろな。。。。と思いつつ








しばらくしたら、また肢は着けてた!








そして、また違う日、またまた散歩戻りに
ビッコちゃん







えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また!?







こりゃ、パットじゃなくて、手根関節だっ!!






恐らく・・・日曜日に、ガーデンパークで
ディスクを追ってたメモっちを羊に見立て・・

全力ダッシュ&急旋回した際に痛めたんじゃないかと
思われる。
 ↑
ウォーミングUPもせず、一気に行ったのでね。







でも、二日前に法多山に行った時は 変じゃなかったけど・・
時々、ビッコちゃんになる。







・・ってことで、今日からお散歩お休み〜〜!!って
姉ちゃま&メルPに通達!!
 ↑
肢の不調は、安静が基本よ!!







消炎鎮痛剤が手元にあれば、
飲ませたかったけど・・・







以前、処方していただき、残って手元にあった
オンシオールを実家の紀州犬:テツが
山で肢を痛めたって時に、飲ませときなーって
あげちゃって、ないので・・








あたしのお休みの今日、病院へ








午前中の終わりの方で行ったら、
結構混んでて、だいぶ待った@@@








下で触診してるけど・・

痛い方の手根関節を触られたくないので
警戒してるメル

メ『手を触るんじゃないでしょーーーーね!!』


まっ、先に、関係ないリンパ節などからチェック!!






前肢可動域もね!!

メ『ちょちょ!!それ以上、上げないで。。。』






で、この後、手根関節をチェック!!






メル@ムキーーーーとなるほどじゃないこと
(・・って家族や、先生にムキーなんてやらないけどねぇ!笑)

肢が地に着けてること

それから、

腫れがないことから・・






■レントゲンまでの必要はなし!
■1週間は安静に!
■消炎鎮痛剤が効くか試す!
 

 ↑
あたしも、コレでいいと思って受診したので
じゃ、これで!!







今回使う、消炎鎮痛剤は、
以前にも使ったことのあるオンシオール

組織移行性が高いため、炎症部位へより早く移行し長く留まる
(=血中にとどまる時間がより短く済む)って特徴がある





以前(2012年)には、食前後30分以内の服用はNGって
聞いたけど・・
 ↑
代謝の関係で、この間に飲ませると効果が75%程度に落ちる





今回は、空腹時って指示あり!






これ、最初にメルに処方してくださった時に
発売されて、祇萓犬良賊,任琉靴い
メルが最初って時だったのだけど・・






あれから数年経過し、やっぱり、空腹時が
最大限に効果が発揮されるってわかったんだろうね。。
添付文書はチェックしてないけど。






で、空腹時の投薬ってことで胃腸へのダメージが
出るかも!?ってことで、胃腸サポート用の薬も
処方しときます!って言ってたから、

『ミヤリサン飲ませるから大丈夫だよ〜!』って
それは不要!!






今日は、お休みで あたしが居たから
ほぼ空腹になる昼間に投薬し、

週末は、メルPがお休みで居るから頼めるけど・・







来週の平日、あたしの出勤の日は、夜、寝るころに
飲ませるカンジになるかな。。と思ってるとこ






こんな具合で、1週間は、お散歩をお休みするので
姉ちゃまには、別のお手伝いをさせよう!!笑
     ↑
あたしがお弁当を作る交換条件に!!


***************************


そそ!大量の三つ葉事情を朝UPしたばかりだけど・・



第2便がまたまた届いたーーーーー☆爆笑






昨日の第1便分は、お友達に分けてあげて
もう、とっくに、はけたけど・・

二便のおすそ分け手配しなくっちゃ!!

**************************










 

前回の診察から3ヶ月






まずは、前回の診察後の経過報告

とっても元気で特に何か?ってこともないのだけど・・笑






先日の血液検査のこととか・・
 ↑
W先生『なんか変なもの食べたんじゃない!?』

m『そーかも!!』笑笑笑


大したことでもないので、サラッと









あとは、飲水量がグーンと増えてきてること
  ↑
m『これは、循環器の祇萓犬諒で経過を追うので
  W先生はお気になさらず〜笑』と情報のみ。







あとは、ずっと追ってる脾臓の結節性陰影
これも、『祇萓犬諒で診てもらっておいて〜!』と

前回のエコー検査が 1月だったと思うので
そろそろやっておこうかと。。







ホントは、エコー検査の専門医@S先生に
スクリーニングをお願いしたいのだけど・・

まだ診察に出られないそうでね。
早く復帰して欲しいな。。。願







あとは、今回のメイン!!!←あたし的!!

m『ねぇねぇ、減薬していってみようよ〜!!』
・・って、抗てんかん薬の減薬提案







現在のメル







投薬コントロール優秀って判断がされる
3ヶ月に一回未満の発作頻度なので
抗てんかん薬の減薬提案をした!
 





先生は、
現状通り(エクセグラン 100mg/回×2回)でも
いいんじゃない!?って思ってるけど・・
(エクセグラン単剤なら副作用がほぼないからね!)






でも、あたしは、減薬を進めたい気満々で!!
(やってみないとわからんじゃーーん!!)





で、
m『まぁ、発作出てもいいから、試してみようよ!!』って
言ったもんだから、






W先生『じゃ、そうしましょう!』って用量を・・・



100mg/回×2回
 ↓
75mg/回×2回
に今日から変更!!


*一気に半分の50mgの減薬はやりすぎで
 25mg減が適正





これで、3ヶ月経過をみて、よさげなら
その後、また25mg減の50mgに落すって段取り






ここ数回の診察の中でW先生が『生肉はいいですね!』って
言うのが笑えちゃう!!(てんかんのコにね)
 ↑
散々、えーーーーーとか言ってたくせにーーー!!プププ






。。と メルご飯&サプリの話も。。

キーポイントは、生肉に含まれる、ある成分+
ビタミンB群

 ↑
ビタミンB群も、あたしは 使用感いいように思う!って
言ったけど・・(てんかんにね!)





先生、そお???みたいな感じだったのよ〜





まぁ、こういうのって、やってにないくせに
否定する先生が多いのだけど・・

やってもない先生の否定は 
もう気にしないことにした!うんうん。。
 ↑
実際に、やったあたしがいいと
判断できたならいいのだっ!!




てんかんでいえば、
→発作が起こるか?起こらないかだし。。
 (判断基準は、わかりやすいじゃない!!)







それから・・






メルの発作誘発要因が食物の交差反応による
口腔アレルギーだと ほぼ断定出来たのだけど・・
→前回のメロンで、症状&メルからのヒアリングで!!






先生さっ、『交差反応・口腔アレルギーのことは
ご存知なくて、いまだに????って思ってて・・

W先生『じゃ、もう一度食べさせて確認してみてよ!』って
食物負荷試験をやって欲しいっていうのよ〜!






m『じぇーーーたいヤダ!!』ってお断りしたわ!笑







メ『ねぇ、いつになったら オヤツくれる?』





・・って 言ってるそばから・・・

メ『先生、取ってくれないから、自分で食べちゃう!!』って
勝手に、食べてたーーーーー!!


m『先生、笑ってないで、パーンと一発引っ叩いてよーー!!』





メ『美味しかったーーー☆ また オヤツ入れといてね〜♪』


次も きっとやるよ!
うんうん♪







それから、昨日は、ダニの襲撃を受けて、
プラクティックを買って来る予定だったけど、
先生がここでもう塗布した方がいいと
いうので、お願いした。




メ『先生、オヤツ取りに行ったのかな???』

m『違うよ〜〜〜!!』






あとは、ダニサンプルが沢山あるので
m『販促に使いますか??』って持参し・・・






案の定、ダニ取りピンセットの話題に。。
コレ


パッケージは すでにないけど
きっと、この話題に展開すると思い、
ピンセットは持参したのだっ!




以前、先生から昆虫用ピンセットでのダニ除去方法を
伝授していただいたのだけど・・
 ↑
裏返すようにして引っ張れば、口器が残らないそう☆






先生も、『↑これ買おうかな。。
どこで買ったの?』って食い付いてきた!笑笑笑







プラクティックを部分的に塗布する先生が
多いのかもしれないけど、咬んでるのがわかってるなら
ピンセットで取った方が早いよ〜〜!!笑






・・と 昨日は、メルはプラクティックの塗布だけで
身体検査・・・いや、体重測定すらせず、
あたしと経過のアレコレ話しただけで、
メルはオヤツを食べに行ったようなもんだね!!プププ







ロビーのカワイコちゃん


近づくと すっごいカワイイ声で ニャーーーーって鳴くの♪

犬の鳴き声なんて、耳障りでしかないけど・・プッ

猫の鳴き声って ホント、カワイイね〜〜〜〜♪♪♪
バリバリ猫贔屓です!!!



そそ!このコは 成猫だけど・・



数日前、病院ブログに里親募集に出てた・・

このコたちのお母さんだそう。
 ↑
あ〜〜あ!!ってカンジじゃない!?笑



仔猫は、2匹ともすぐに里親が決まって、すでに居なかった。





それから・・

献血プログラムの案内があったので貰ってきた☆
(メルは、既に出来ないのだけど・・)


W先生の病院なら、保存血があるから、
緊急時に、テンパって供血犬・猫を探す必要がないのがいい!



あっ、でも 猫のマイナスだったと思うけど・・
かなり少数のようで、保存血も少ないと以前、言ってたなぁ。。



『献血後は採血量と同量の水分補給を皮下へ行います』

へぇ〜〜〜〜〜〜☆
 ↑
これ人の場合、『採血後、多めに、水分とってくださいね!』って
言われるのだけど・・

犬猫じゃ、そんなにお水を飲まないコも居るしね。。
なるほど〜☆







次回は、3ヵ月後、減薬後の経過報告のための受診
経過良好なら更なる減薬↓↓↓

上手く行きますように。。。願






 

GW辺りに 見かけ始めたので
投薬は予定通り、1ヵ月後の6月上旬からに!!






フィラリア抗原は確認済み!→陰性






メルには、以前使ってたミルベマイシンのような
腸管内寄生虫駆除まで行うような薬剤は
オーバースペックだと思うので・・
(必要なシチュエーション下で使えばいい!)






昨年同様、シンプルに フィラリア駆除のみの
モキシデックを使用する予定

コレ




春の狂犬病ワクチンに始まり・・・







同じような時期に 混合ワクチン打ってるコも多いし・・







フィラリア駆除薬に ノミダニ駆除薬・・
春から、夏に掛けての体調不良は多いんじゃないの〜!?







各種薬剤使ったら、速やかにデトックスよ〜〜〜〜〜!!









 

先月の定期血液検査で 高値で出た ALT

ALTだけの(ALKP/GGTが基準値内で!)
この程度の高値の場合、直接、肝臓がどーの!こーのは
考えにくいと 祇萓犬慮解だったけど・・




念のため、1ヵ月経過したので再検査






あと、






また飲水量が増えてきてるので(3L以上)
電解質バランスが乱れてないか、こっちもやっといて〜!
・・・と依頼




ボサ毛をかき分けて・・・



先生、頸静脈チェックして、ボサ毛を押さえて
ちゃちゃっと消毒


メル@まったく動じず☆



お利口すぎる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪



・・・と あたしが称賛の嵐☆プププ






あっ、診察台に載ってるついでに・・

m『一本だけある黒爪切ってぇ〜〜〜〜〜〜』と依頼


切ってる間に 看護士Sちゃんが
『あたし、うちの犬の爪切り、毎度出血させてます!笑』って。

m『えぇぇ〜〜〜〜〜〜!!そんな攻める!?』笑笑笑






クイックストップ用意してやるけど、
あたしは そんなに攻められなーーーーーーい!






採血後でも、先生との関係良好☆

メ『ねぇねぇ、あのさーーーーー♪』





検査結果が出るまで、先生と あーじゃこーじゃと
最近の話を。。♪





そして、結果が出て・・


また赤い項目@高値→AST


AST
細胞内でつくられる酵素で、
肝細胞もしくは心臓や腎臓などの臓器に多く存在
体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝の過程で重要な働きをする




何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、血液中に漏れ出す

ただし、AST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、
値の増減が必ずしも肝臓に関係しているとは限らず、
AST(GOT)値のみが高値を示す場合は、
肝臓以外の病気である可能性もあり!

肝臓に関する情報を得るために 
ALT(GPT)も一緒にチェックした!




で、結果的に ALTには 異常が出てないため
筋の方じゃないか?って見解

来院前に 運動したか?
どこか打ったとかない?って聞かれたけど・・





来院前の運動はしてない!
どこか打ったかは。。。見てる範囲ではないけど
留守中かもしれないね。。わからない。





まぁ、気をつけてみてみよう!

あっ、この程度でメル元気だし〜〜〜♪






 



 

メルの抗てんかん薬が金曜日分からがないので、
昨夜、祇萓犬良賊,


メ『まだ?

m『まだーーーー!!』





こんな状況ならさっさと買いに行っておけば
よかったのだけど・・・






メ『もう寝てよ。。。。』








先月やった血液検査で高値で出てた
肝酵素の再検査をしたかったので
これに合わせたら、ホントにギリギリになっちゃった@





けど






災害対策としては、人同様に、これNGね@






災害が起これば、恐らく動物病院だって
クローズすることになるでしょう!






クローズしてたら買いに出向けたとしても
買えないわけで・・







まっ、極論、現在、メルは発作も起こらず
投薬ナシでもダイジョブでしょ!!って思ってるけど・・






絶対服用!!って薬を飲んだり、インスリンなど
使用してるコは、もっと慎重に対応してるでしょうね。。






・・で、






こんなギリギリに買いに行き、
ガビーンな事情@発注されてなかった!チーン






メルに使用してるエクセグラン(人薬)





一昨年?  W先生タイアップで発売されたエクセグランと
同成分:ゾニサミド のコンセーブに移行されてて、
祇萓犬良賊,妊┘セグランを処方してるのはメルだけ

*メルは、エクセグランで全く問題なく、
 発作も出てないので、わざわざ変える必要性を感じない!って
 W先生に言って、コンセーブに移行してないのだっ!






こんな具合なので、あたしからの発注依頼をもって、
業者に発注を掛けるって段取りになってる。






それが 忘れちゃったんだね〜@あたしじゃなくて病院側が。。






まっ、すでに起こったことは仕方ない!






どうしようか考えて・・






m『じゃ、エクセグランが届くまで分の数錠を
  コンセーブで代替しましょう!』って提案してあげた。

  ↑
抗てんかん薬は 血中濃度を治療有効値まで上げて。。
しかも、上がるまでに2週間は掛かるから
他の成分のモノを代替って意味がないので

事実上、これしか方法はないのだっ。




明日の午前には、入るそうだけど、
あたし、仕事でいけないことが決定してるので


錠剤は 念のため 月曜日分まで買って来た!


それまでには、じぇーたい行かないと!!










 

またまた 飛びましたが、
問題行動の講演についての続きでーす!
(たぶん、今後も飛び飛び〜〜〜笑)




問題行動とは・・


人間社会と協調できない行動あるいは、
人間(飼い主あるいは、動物と関わる人たち)が
問題と感じる行動






いろんな問題行動があるけど、
今回は、犬については、『無駄吠え対処法』について




犬が吠えるのは 極めて正常な行動
=人がお喋りをするように、
 コミュニケーションをとるのに声を使う動物





犬が吠える→理由を明らかにし解決方法を考える





で、吠えで、受診されるコのほとんどは
苦情が出ているのだそうで、
飼い主がその無駄吠えに耐えられない!って
受診することはないそーな!

騒音は(吠え声)慣れてしまうのだそう@





ホント、そーそー!!笑
『耳ダイジョブですか?』って聞きたくなる位、
犬が吠えてても別にっ!!な飼い主居るからねぇ@爆





メルなんて、滅多に吠えないので
たまーーーーーーに(月に何回吠えるかな??って程度)
ワンって1回吠えただけでもメッチャ耳障り!!
ギャンギャン吠えなんてありえん!
→ソッコー黙らせる! 
 





獣医師で動物行動学博士・ドッグトレーナーでもある
イアンダンバー博士曰く・・

『ただ単にいいワインを1本持って行くだけで
 隣人の聴力が急に悪くなり、犬の吠え声が
 聴こえにくくなるという効果を生む』


要は・・

美味しいものを持っていくことで、今まで
うるさい!うるさい!って言ってた近所の人が
我慢してくれるようになるってこと。




犬問題=近所付き合い




『普段からご近所の方とは円滑な関係を築いておいて
くださいねー!』って 村田先生は受診された
飼い主さんにアドバイスするんだそう。





そそ!イアン・ダンバー博士は、以前、
メルが生食を開始する前に与えてたフードの1つ


ZiwipeakのWEBサイトに登場してたのを
思い出し、久々に見てみた♪




そーそー!イアン・ダンバー博士は、
古典的条件付けプロセスの基本として
フードをルアー&ご褒美に使ってる!




『イアン・ダンバー』ってワードが
村田先生から出た瞬間!
村田先生もこの方法を使うんだな。。。って
思いながら続きを聴いてたのだけど・・
(バリバリ使ってる!あっ!猫にもね!!驚)





この古典的条件付けは、メルにも
使ったけど、バツグンにいい!!

*この古典的条件付けって パブロフの犬が
 よく知られてるね。。。




しばらく、オヤツには、メルご飯の生肉を買ってる
お店から干し肉を買ってたけど、久々に
Ziwipeakのフードをオヤツ用にしようかな。。と♪





それから、
犬がどーのこーの!の前にすべき、もう1つのこと!



■身体的疾患のルールアウト

身体的不調・苦痛から吠えるようになることが
結構あるそう。
→動物病院で相談





・・というわけで、

まずは





近所対応&身体的疾患のルールアウト!






その後、
その無駄吠えが問題となっている犬が
適切な飼い方がなされているか?をチェック!!





続きまーす!




 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM