一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2週間前の土曜日のW先生の診察時に

投薬終了の同意を戴き、翌日から

抗てんかん薬の投薬を終了したメル

 

 

 

 

 

 

すでに だいぶ下がってたと思われる

血中濃度も、この2週間で完全に消失したと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

で、メルの様子は どうかといえば・・

 

発作→起きてない☆

 

体調→ヒジョ〜によい☆

 

 

 

 

 

 

 

煎餅クッションを枕にしてオヤスミ中のメル

 

パッシャっと撮ったら・・・

 

起きちゃった@@@

メ『ちょちょ!!寝てるトコ、勝手に撮らないでよーーーーー!!』

 

 

 

 

 

相変わらず、年の割に聴覚の劣化がなく、

無駄にいろいろ聴こえすぎて困ること多々あり!プププ

 

 

 

 

 

 

今日は、お休みだったのだけど・・

日中、ほかの予定もあったので、夕方最終の予約枠に

入れていただいてあった@18:20

 

 

 

 

 

この時間だと、当然、日の入りして、

真っ暗になってる時間帯

 

 

 

 

 

 

病院に着いて、車を降りたら、

何かを探してる女性が・・

 ↑

もう犬か猫だろうな。。とすぐわかったのだけど・・

 

仔猫が脱走しちゃったそうで・・

 

ヒエェェェェーーーー@@@

大変大変!!

 

 

 

 

 

その方、キャリーも持ってたけど・・

扉が開いちゃったのかな??謎

 

 

 

 

 

駐車場に停まってる車の下に入ったようで、

覗き込んで名前を呼んで、探してて・・

 

 

 

 

 

あたしも、一緒に探してあげて、

あっ!居た!!って一瞬見つけたのだけど・・

(サイズからして3ヶ月位かな。。)

 

その直後にまた見失った@ガビーーーーン

 

 

 

 

 

なんせ、暗くて視界が悪い!!

なので、受付に行って、懐中電灯を借りてきてあげて

診察まで一緒に探したけど、見つからない!!涙

 ↑

その後、メルが診察して病院内から出てきた時も

まだ探してたから、見つけられなかったんだろうな。。

 

 

 

 

まぁ、暗くて、探すのも難航するのは目に見えてるけど、

それでも、あたしだったら、そのまま帰れないな。。。

 

 

 

 

どうするのかな?あの飼い主さん。

 

 

 

 

猫の脱走は、犬のように、名前を呼んで

呼び戻しが出来ないんでしょ!?

 

困るよねーーーーーー

 

もうさっ、猫は絶対、外出先で脱走させちゃいけないよね!!

 

 

 

*****************************

 

 

さてさて、診察のことを。。

 

ここ最近やった各種検査のことや経過報告から・・

 

 

 

 

血液検査の赤く高値のこととか・・

『この程度の高値は、もうスルーでいい!いい!!』って。

 ↑

うん、もはや、その認識ですっ!笑

 

 

 

 

 

くすぶってた膀胱炎も完治したし・・

m『あっ、でも次は、もう即!培養!!』って話しから・・

 

 

 

 

W先生は、すぐ培養検査をするそうで・・

2−3種類の抗生剤は耐性が出来ちゃってるケースが

割とあるそう@@@

 

 

 

 

これは、祇萓犬箸癲∪萋、話したところで・・

使い方を誤った結果だったりするわけで@@@

 

 

 

 

 

先日、ほかの病院から転院してきたコで

膀胱炎で使用した抗菌剤が数種類、効きが悪いため

培養検査に出したら、10種類すべてNGだったケースが

あったそうで・・

 

 

m『えぇぇぇ〜〜〜そんなことあるんだ!!』って

驚いたのだけど・・

 

 

 

 

 

 

I先生だって、困ってる!笑

 

当然、飼い主さんだって、困るわけで・・・

 ↑

もうね!メルの膀胱炎中・・あたし@体調崩したほどで・・

わかる〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

夜中も起され、ヘロへロになるわけさっ@号泣

 

 

 

 

そそ!ステロイドも要注意ね!

糖尿病にさせたり、クッシングを起したり・・

そうさせちゃったコには、なんて説明するんだろうね〜!?

(担当医は自分のミスは認めるのかな?)

 

 

 

 

 

大体、薬剤の知識がない飼い主の方が大多数なんだから

処方する担当医が気をつけてくださらないとねぇ!!

 

 

 

 

 

バカみたいにバンバン長期投与してるコは

このまま継続投与してダイジョブですか!?って

担当医に意識させた方がよろしくってよ!!

 

クッシングのお薬、高いよ〜〜〜〜〜〜!!爆

糖尿病なんかにしたら、管理が大変よ〜〜〜〜〜〜!!滝汗

 

 

 

 

 

 

それから・・・

 

前回の受診以降に食事内容を変更してるので

それについて・・

 

 

そそ!

体重は 13・9キロまで増えてた↑↑↑

 

 

 

 

 

 

最近、発作頻度が多いコにメル方式の生食を推奨してる

W先生 

 

メルを含め、4頭に、なかなかいい成果が出てるそうで・・♪

 

で、更に、数頭で検証したいご要望がある!

 

『試してみたいコ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?』笑

  ↑

・・と言っても、てんかんのコなら、

どんなコでもいいわけじゃないけどねぇ。。

 

 

 

進めるにあたっては、適切な投薬状況であったり

発作を起す疾患の除外はしてからでないとならないので

W先生の診察は必須となる。

 

 

 

 

 

 

そして、本日、受診のメイン!

 

抗てんかん薬終了の同意!笑

ホントは、低量でも継続した方がいいと

思ってるW先生だけど・・

 

 

 

 

 

段階を追って、減薬してきて、

3ヶ月に一度以下の発作頻度って条件を

クリア出来たら、とりあえずは終了で!!って

前々から伝えてあって、その考えは、変ってないので

予定通り、今日で一旦終了することに決定!!

 

 

 

 

 

まぁ、また発作が起これば、その時に再投与するかどうか

考えればいい!!うんうん。。

 

 

 

 

 

まぁ、今もすでに、メルの体重からしたら

かなり低用量なので、有効治療域まで血中濃度が

上がってないと思われるけど・・

恐らく、2週間程度で血中からも抜けると思われる。

 

抜けたら、なんか変化があるのかな??と

ヒジョ〜に興味ある!!笑

 

 

 

 

 

・・と 先生とあーーじゃ、こーーーじゃと

話しをしてから、珍しく、身体検査して・・プププ

オヤツタイム♪♪

 

メ『い〜〜〜〜ぱいオヤツ持って来てーーーー☆』

 

 

 

 

そして、

先生が『もうおしまい!!いいよ!!』って言っても

診察室から出て来やしないのは、W先生の診察の時も同じ〜〜〜〜!!

 

メ『ねぇねぇ、明日もまた来ようね〜〜〜!!』

 

  ↑

・・ってテンションのコは、そうそう居ないよね。プッ

 

 

 

 

ロビーの猫ちゃんが・・

『ちみ、明日も来たいなんて変なヤツ!』って

寒々しい視線を送ってたわ!

 

 

 

 

このコたち・・

成猫だと思うけど里親募集中☆

 

いいご縁がありますように・・願

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗菌剤はあと4日分あるのだけど・・

 

 

 

 

 

 

今年のフィラリア駆除薬の最終投与が

12月1日

 

メルは 45dギリギリ投与なので、これ以上先には

延ばせない。

 

明日以降、あたしの予定がタイトで

たぶん、今日の夕方しか病院に行けないので

抗菌剤投与終了を待たずに、受診@尿検査&UPC検査

 

 

 

 

 

 

最近、寒くなってきて、病院が混み出してる。。

嘔吐下痢のコが多いのだそうで・・

自律神経の関係かな〜?

 

強ミヤリサンを飲ませときなーーーー!笑

 

 

今日も1時間以上待ったわね。

 

 

 

 

 

よっぽど、結果が出たら、メールでお知らせして〜!って

モキシデック(フィラリア駆除薬)だけ買って

帰ろうかと思ったのだけど・・

 

 

 

 

 

 

もしかして、再度エコー検査をしたいのかも!?って思い

待つことに。。。

 

 

 

 

 

 

そしたら、やっぱり! 

祇萓検『エコーで膀胱壁を診てもいいですか?』って。

 

m『どーぞ!』

 

 

 

 

 

 

 

ドレドレ・・・

前回の検査時と今回の膀胱壁を並べてくださった。

 

右が今回:○ 膀胱壁は正常時の5mm以下

左が前回:× 膀胱壁は正常時の倍以上の12mm  

 

しかも膀胱全域が厚くボコボコ

 

この状態までの膀胱壁は 先生は診た事がないと言ってたわね。。笑

 

 

 

 

 

それから・・・

 

尿検査&UPC検査

pHも弱酸性に戻り・・

 

 

沈査ナシ!good☆

 

 

比重は1.016で低張尿 

 ↑ 

一般的に、腎臓機能障害を示唆とされる比重だけど・・

メルの場合は、比重でのモニター不可なので

その他のことから判断しないとならない。

 

 

そして、UPC :0.16

(前回:2.90)

 

非蛋白尿に戻った!!

 

 

 

参考まで・・

*****************************

■UPC

 

 0.2以下       :非蛋白尿

 0.2〜0.5   :境界域蛋白尿
 0.5以上   :蛋白尿

 

*****************************

 

 

。。というワケで、やっぱり膀胱からの

蛋白漏出が反映されてたんでしょう!?

 

 

 

 

 

 

祇萓検△海譴泙任縫瓮襪汎韻犬茲Δ幣瀕磴離海

UPCを数頭診てるそうだけど・・

 

 

 

 

 

 

膀胱炎を起してても、蛋白尿となる

0.5を越えてるコは居なかったそう。

(へぇ〜〜〜〜そうなの???)

 

 

 

 

 

 

『またまたメルちゃんにお勉強させていただきました♪』って。

 ↑

まぁ、メルのオシッコ絡みは、ホント、ビックリな事が

多すぎる!笑笑笑

 

 

 

 

 

 

夏の終わりのまだ暑い頃からのオシッコトラブルが

やっと完治☆

 

ハァ〜〜〜〜長かったぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

どうか再発しませんように!!!願願願

 

 

 

 

 

 

 

それでもって、チェックしようと思ってた

体重を量り忘れちゃった@ガビーーーン

 

 

 

 

 

 

 

土曜日に W先生の方を受診予定なので、

あちらで量ってこよう♪

 

いよいよ、抗てんかん薬の服用も

終わり終わり〜〜〜♪(・・・の予定!!笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回     :12μg/dl (参考基準値:0−14μg/dl )

 

2016年7月:16μg/dl

 

2016年2月:13μg/dl

 

 

 

 

 

 

クレアチニンが1.4以下でも、SDMAが14を”持続的”に超える場合

 

→慢性腎機能障害のステージ1となるワケだけど・・

 

 

 

 

 

先日、同時にやった生化学検査の血中クレアチニン

 

→0.7mg/dl (基準値:0.5−1.8)

 

まったく問題ない数値

 

 

 

 

 

 

そして、SDMAが14を持続的に超えてない!

 

 

 

 

 

 

よって、慢性腎機能障害のステージ1にも

該当しないというのだけど・・

 ↑

祇萓検∨性腎機能障害のステージは 

事実上、2以上が問題だそうで

ステージ1は警告のようなものだそう。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、UPC検査の方がねーー

 

今回、UPCは2.9で蛋白尿だったので、
(恐らく膀胱炎の絡みだと思われるけど・・)
完全に菌を叩ききった段階で再検査の予定

 

 

 

 

 

 

そそ!SDMAは ほかの要因でも上下するそうで・・

 

スクリーニング目的でやるなら、具合が悪くて

一般血液検査の際に一緒にやるのではなく、

 

ほかの要因が加味されない体調のいい時の方が

いいと祇萓犬聾世辰討燭錣茵繊!

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の受診から1週間

 

 

 

 

 

 

球菌適応の抗菌剤にチェンジして

その効果の程を確認するため

オシッコ持参で祇萓犬良賊,

 ↑

スピッツ管に入れ、あたしの目視では

この前のオシッコのような沈澱物は見えなかった。

 

オォ!よくなってそ〜じゃない!?と、期待高まる♪♪

 

 

 

 

 

 

あーーーそそ!

 

 

 

 

 

 

 

先週は、各種検査山盛りで、

 

 

さすがに!!

 

 

メル@もう病院ヤダ!って言うのかと思いきや・・

 

 

あの翌日、姉ちゃまに『メルちゃん、病院どーだったの?』って

聞かれ、

 

 

m『祇萓犬呂機次次ΑΑΑΑΑ戮辰届短呂瓩燭蕁

 

 

メル@寝てたくせに メ『祇萓犬良賊々圓の〜?』って

起きて、翌日もまた行く気満々だった。笑笑笑

 ↑

なーんだ!大したストレスじゃなかったんだ〜?

あはは・・あはは・・

 

 

 

 

 

 

 

はいはい!検査結果☆

 

祇萓検ヽ口一番『よくなってました〜〜〜〜〜〜☆』って

 

検査表見せてくれた☆

 

 

 

 

 

ほら、やっぱり球菌だったんでしょう!!

・・って 両方で最初の抗菌剤で桿菌を叩いてる間に

球菌が増殖したって可能性もなくもないけどねぇ。。 

 

 

 

 

 

まぁ、どんな経緯でもいい!

結果的に、今回の抗菌剤チェンジの判断は正解だったので♪

 

 

 

 

 

今回、検査はクリアになってるけど、

祇萓犬『投薬期限はどうしますか?』って聞かれたので

 

 

 

 

 

 

m『あと2週間でどうでしょう!?』

 

祇萓検悗いい隼廚い泙后』

 

 

 

 

 

 

・・ってなわけで、

球菌適応のこっちの抗菌剤を続行!

 

今度は、完全に叩ききらないと!!

 

 

 

 

 

 

 

それから・・

 

先週の検査で、外注に出してたSDMA(腎機能マーカー)

 

とっくに 検査結果は病院に届いてたはずだけど・・笑

 

祇萓犬ら連絡がないとこみると、

 

問題なかったんだな〜と思ってた。

 

 

 

 

 

その検査結果は、次回に続きま〜〜す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルの腎臓どお〜?って、ご心配いただいてますが・・

 

 

 

 

 

外注のSDMAの検査結果も、そろそろあがってくるね。

今日かな。。明日かな。。??

 

 

 

 

 

 

蛋白の漏出がどこからか特定するには

まずは膀胱炎をクリアにしないとねぇ。

 

 

 

 

 

 

そして、その膀胱炎の臨床徴候は、

土曜日に抗菌剤チェンジして投薬を再開して

もうおさまった!

 ↑

・・ってことは、球菌適応の抗菌剤への変更は

ベストチョイスだったかも〜♪

 

 

 

 

 

 

そそ!

メルが膀胱炎を起す原因になってるんじゃないかと

あたしが疑ってる大腸菌

桿菌

 

 

だとすると、最初に使った抗菌剤が適応なんだけど・・

 

 

 

 

 

今回の抗菌剤で叩き切れるとなれば、大腸菌じゃないのかな??

 

 

 

 

 

球菌だとすれば、黄色ブドウ球菌なのかな?

 

・・・と、ちょいと気になってきた!!笑

 

培養検査に出せばよかったな〜♪

 

 

 

 

 

 

m『昨日やったばかりなのに、またやるの???』って

聞いちゃったけど・・

 

 

 

 

 

やるのだそ〜〜〜で!!笑笑笑

 

 

 

 

 

病院でスピッツ管を受け取り、

ちょっと外行ってくるね〜!と

オシッコ採取のための散歩に。。

 

 

 

 

 

 

で、すぐした!オォ☆

よかった〜〜〜♪

 

 

 

 

 

 

病院にすぐに戻り、検査!!

 

 

 

 

 

 

今日もまた混んでたのだけど・・

待つことに。。

 

 

 

 

 

で、抗菌剤うんちくの前に、先生が、

『臨床徴候の出てる時に、エコーで膀胱の状態を

 確認したいけどいいですか?』ってことだったので、

 

m『ど〜ぞ♪』ってエコー検査を。。

 ↑

ナンデ、確認するかって・・・

そら、検査は飼い主負担だからね!笑

 

 

 

 

 

膀胱を映し出した瞬間、

先生『うわっ!!厚っ!!』って。

 

 

 

 

 

通常、5mm以下でないといけない膀胱壁が

倍の10mmに!!

しかも、ボコボコ。。。

(腫瘍じゃないらねぇ??と気になってるけど。。)

 

 

 

 

先生が『これじゃ、オシッコを溜められず

           頻尿になりますね〜!』って。

 

膀胱の状態も確認出来た!

 

 

 

 

 

 

そして、抗菌剤チョイスのための菌状況!

染色して診た感じ、増殖は大してないと!

(あら、そうなの??)

 

 

なので、祇萓犬蓮∪萋まで飲んでた抗菌剤の

再投与がいいんじゃないかと提案

杆菌に対応の抗菌剤

 

 

 

でも、あたしが やっぱり、うーーーん。。。と、渋ったもんだから

 

先生『じゃ、球菌に対応の抗菌剤に変えてみましょう!』と・・

チェーーンジ!!

 

 

大体、3−5日で効きがわかるので、1週間後に

UPC含む尿検査を実施予定

 

 

 

 

あとは、これまでやってないけど

尿培養検査の提案もしてくださった。

 

■尿培養検査

 

どんな種類の菌が繁殖しているのかを調べ、

有効な抗菌薬の選定に活用

 

 

次に、抗菌剤の効果がイマイチだったら

やってみた方がいいのでは?って。

 

 

 

 

 

それから、尿検査で菌が出るのは、尿道内の菌が

出てる可能性もあるので、膀胱穿刺で膀胱内を

確認したいってことだったのだけど・・

 

 

 

 

 

昨日から採血・血圧測定・エコー検査と

メルにストレスが掛かる検査を沢山やってるので

さすがにこれ以上ストレスを掛けたくなかったので、

『今日はやめときたいな。。』って却下!

(先生、ごめんなさーーい!)

 

 

 

 

 

でも、割とメルは 膀胱炎を起すので、

いつかのタイミングでは 膀胱穿刺しなきゃならない

状況がくるかもな。。とは思ってる。

 

 

 

 

 

 

。。って ナンデ、膀胱炎を起こしやすいのか

考えてみると・・

 

 

膀胱炎を起す前って、下痢を起こしてる気がするのよね。。

これ先生に言わなかったけど。。

(下痢自体は 強ミヤリサンですぐ改善されるのでね)

 

 

なので、原因となってる菌は大腸菌じゃないかと

疑ってる。

 ↑

これ培養検査をすれば判明するでしょうから

次に膀胱炎を起した際に、培養検査に出そうと思ってる。

 

 

 

*****************************

 

 

 

それでもって、帰宅後、じきに 祇萓犬ら電話が。。

看護士ちゃんじゃなくて、先生が電話してきたってことは

なんか重要なことだろうな。。と思いつつ・・

 

 

 

 

昨日、処方された、この薬剤の件だった! 

           ↓

 

膀胱炎によって、UPCの底上げの可能性が

なくもないかも!?ってことで、

 

抗菌剤投与の結果が出るまで一旦中止で!!ってことだった。

 

 

 

 

 

これ、今朝の受診時の最後に

先日、W先生の受診時に、UPCの上昇は

膀胱炎の蛋白を拾ってるんじゃないの?って

ちらっと言ってて、

 

m『そういうもん?』って聞いたのよね。。。って話をしたの。

 

 

 

それで、祇萓犬癲△發靴して!?って思ったのかな?と。

 

 

 

まぁ、あの薬剤は、上がりすぎてる分を下げるもので

低血圧にさせるようなものではないと聞いてるけど、

とりあえずは中止!

 

 

 

 

 

膀胱炎の抗菌剤投与の終了のタイミングで

各種定期検査のため、祇萓犬良賊,

これドライフードを取り入れ再開を控えているのだけど、

前回と同じ条件下で検査したくてね。。

 

この検査が遅れると、ドライフードの取り入れも

遅れるってことで、なるべく早い段階で!と思い

あたしの都合の付く、一番早いタイミングで受診した。

 

 

 

 

 

そそ!今日は、昼に病院の前を通ったけど・・

メチャメチャ混んでてね。。

こりゃ、先生、お昼休みなしでしょ!!って思いつつ・・

 

夕方は空いてます様に!!と願っては居たけど

 

昼ほどじゃないけど、まぁまぁの混み具合で

1時間は待つかな。。。??と。

 

 

 

 

 

 

お暇なメル

メ『ドレドレ・・・』

 

覗いてみる♪

 

 

 

 

 

メ『えっ?????』

 

高さを変えて 更に覗いてみる♪

(変えたら よく見えるのか!?謎謎謎)

 

 

 

 

 

メ『ふんふん。。。。』

 

盗み聞き中♪プププ

 

 

 

 

 

メ『で、まだ?』

 

m『うん、まだ。。』

 

 

 

 

 

 

メ『じゃ、お知らせでも読んでよ〜〜〜〜っと♪』

 

。。って メルが見てると、

ホントに読めてそうに見えない?プププ

 

 

 

 

 

 

暇だーーーー暇だーーーーと言いながら・・

1時間も待たない位で診察開始☆今夜も最後!

 

 

 

 

 

 

受付で、家で採ってきたオシッコを提出してあって・・

 

診察室で祇萓犬看護士に『血圧を計るから!!』って

言ってるのが聴こえ・・・

 

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜メルのことだ!!=UPCの結果が

芳しくなかったんだと、すぐにわかった!

 

 

 

 

 

まぁ、このUPCの件は一旦おいといて・・

まずは、先に採血!!

 

 

 

 

 

 

。。の前に

採血する際、メルの身体を触って、

『また痩せたかな。。?』って・・

 

m『うんうん、たぶん!』

 

 

体重:13、05キロ

少なーーーーーーーっっっっ

でも、最近はこんなもんかも!?

 

 

 

 

なんかさっ、蛋白質量は十分なのに、

どんどん痩せちゃうって腎臓からの蛋白漏出でしょ!?

って疑ってる@あたしは!!

カロリー不足とか、そんなレベルの話じゃないでしょ!?と。

 

 

 

 

 

 

今回の血液検査内容は、

血球・生化学・電解質・SDMA(腎機能マーカー)

 

 

 

 

で、いつも採ってる頸静脈からの予定が

先生『あれ〜〜〜〜〜あれ〜〜〜〜〜』って

血管がなかなかとれない!

↑ 

これヒジョ〜にめずらしいことでね。。

 

 

 

 

 

 

でも

診察室入って先生の顔みた瞬間、

先生、激疲れでしょ!?って顔してたのよ。笑

 

 

m『先生、今日は、昼の診察もメチャ混みだったじゃない!?

  病院の前を通ったけど。。お昼休憩とれた??』って聞いたら、

 

 

『15分だけ取れました!!』って。

 

 

15分じゃねぇ。。

そら午後の部も疲れたまま続行ね!!爆

 

 

 

 

 

・・で、先生が あれ〜〜って言って

なかなか血管とれないもんだから、

メルが『早くしろよっ!』ってムッとしてるワケさっ。爆

 

 

 

 

 

なので、『もう後ろ肢で採ればいいよ!』って

言ってあげたよ@メルのために!!笑

 

 

 

 

 

で、採血分を測定してる間に 尿検査の方のことを。。

 

UPCが前回(2.0)よりも更に上昇↑↑   2、90に!!

 

クレアチニンも若干上がってはきてるけど、まぁいい!

 

尿中蛋白がグーーンと上昇してるのだっ↑↑↑

 

やっぱ前回の結果は一過性じゃないのかも!?ってことで

こりゃいかん!!要血圧測定!!

 

 

 

 

 

 

犬は 尻尾でやるの。

その尻尾と心臓の高さを同じにしたいので

立ってる or 伏せてる

 

メルは立ってるそうなので どーぞ!

 

 

 

 

 

10−20分位の間に計測したもので

アベレージを録るのだけど・・

(細かいガイドライン有り!!)

 

 

 

 

 

この時、メルはオシッコに行きたくて(後にわかったのだけど・・)

すっごいソワソワしてて・・プププ

 

一時血圧が・・

 ↓

188/105

 

 

ギョエーーーーーーーーーーーー!!

 ↑

もうこんなカンジ@あたしが!!爆笑

 

 

 

 

あたし、前夜、寝たのが遅くて、メッチャ眠くて

座ったら、お休み1秒!って位、眠かったのだけど・・

 

一気に眠気がぶっ飛んだ!!笑笑笑笑笑

 

 

 

 

 

血圧測定後、再び、診察室に戻り、先生とお話し

 

 

 

 

 

尿検査の結果のことから・・

尿比重:1.008は 原尿で濃縮・希釈とも機能が

なされてないって判断される域

一般的に、この原尿域で出たら大問題!!

 

 

 

 

 

なんだけど、メルの場合、なんの影響なのか?

もう何年も前から低値だったり、原尿で出るのよ。

なので、この比重でモニター不可って

先生たちは判断し、この結果はアテにしてない!

 

 

 

 

 

それから、試験紙だと反応が出てて

あたしは 気になると言ったのだけど・・

(完全に叩ききれてないから、うーん。。疑)

 

沈査だと、もうほとんど出てないから

先生は、抗菌剤投与は終了で、再度、臨床徴候が出たらでいい!と。

 

まぁ、いいや。。

出るなら じきにまた臨床徴候出るでしょ!!

 

 

 

 

 

 

そして、血液検査の方

 

SDMAは外注なので、後日(来週始めになるかな。。)

 

その他

赤:高値   青:低値

 

何が高値かといえば・・

 

■TBIL→先生が採血時に引きすぎて溶血したの。笑

 

■ALT→不明

 

■BUN→不明

 

まぁ、いずれにしても、わずかな高値域なのでまぁいい!

 

 

 

それから低値で出たのが・・

 

■ALKP→不明

 

 

 

 

あと、気になってた電解質@特にナトリウム

標準値内に入ってきたけど、油断したら

また低値に落ちそうなカンジがするなぁ。。。

 

 

 

 

で、

血圧:163/91 (AVE)

 

 

 

 

 

前回が・・

こんなもんで・・今回やっぱし上がりすぎ〜〜↑↑

 

 

 

CKDサブステージ分類

高血圧による終末器官へのダメージリスク

 

中リスクに分類される     

 

I先生は、投薬開始が推奨だと。

 

 

 

循環器については まーーーたく知識がないので

拒否する材料もないので、投薬開始することに。。

 

 

 

 

ACE阻害薬

ベナゼプリル(フォルデコール5mg)1錠/回/日

 

 

菊1回なら朝晩 どちらに飲ませたらよいかと聞いたら・・

→朝だそう。

 

 

 

 

 

 

次回、W先生の診察が3週間後くらいを予定してるので

とりあえず、その前に、再検査しよう!ってことで

3週間分の処方

(1ヵ月放置は 危険だと。。)

 

UPCが再び下がれば、投薬終了

変化がなければ、投薬量を増やす(1錠/回×2回)

 

 

 

 

 

 

抗てんかん薬は投薬終了出来そうだけど・・

今度は、腎臓の方を気にしなきゃならないかも。。涙

 

 

 

 

 

診察開始も19時ちょい前で遅かったのだけど。。

(受付は18時半まで  診療時間は一応19時)

終わって病院出る時には 20時半を回ってた!

 

 

先生、看護士ちゃんたち、

残業させちゃってごめんなさいね。。

 

 

 

 

 

そそ!!それから・・

血圧測定してくれた看護士:Mちゃんが

『あたし、T田さん(あたし)のブログ見てます♪』って

言ってきて、驚いた!!笑笑笑

 ↑

病院関係者には 誰にも言ってないのだけど・・

(必要ないでしょ!?笑)

 

でも犬関係の方たちはご存知だったりするから

そっちのルートから聞いたのかな??

 

 

 

 

 

まぁ、『ボーダーコリー メル』とかで

検索掛けるとHITするんでしょ?

検索キーワードにあがって来てる位なので・・

探そうと思えば、すぐ見つけられるかっ。。。

 

 

 

 

 

祇萓犬筬祇萓犬良賊,離好織奪

それから、W先生やW先生の病院スタッフには

ホント、感謝しているので、嫌なことは

書いてないと思うけど〜〜〜〜と やや焦った!!笑

 

 

 

 

 

 

昨日は、元々公休だったので

午後にW先生の診察予約を入れてあった。

 

 

 

 

 

けど、出勤になったので

夕方に変更していただいた。

例の黒猫の仔猫を受け取って来る都合もあって

早く受診したかったのよね。。

(先延ばしすると、大きくなっちゃうのでね。笑)

 

 

 

メ『入ってる 入ってる!!』

 

 

 

 

 

メ『オヤツ、落ちろっっ!!!!!』

 

念力送信中!!プププ

 

 

 

 

 

 

さてさて、昨日の診察は、メルを診ていただく用件はなく・・

 

あたしと先生とのお話し

メ『ねぇ、先生、オヤツ取って!!』

 

W先生『ちょっと待ってて!』

 

 

 

 

 

 

いくつか案件があって・・・

 

。腺達圍班蕾抻邯海里海

 

■妝丕淡〆困里海

 

ドライフードのこと

 

ぅ瓮薀肇縫鵑里海

 

 

 

 

 

 

 。腺達圍班蕾抻邯海里砲弔い

 

アジソン疑いでやってみたら

思いの外、高値だったって話しで・・笑

 

 

 

 

W先生『この程度だったら、まぁまぁ。。

    エコー検査はやった?』

 

m『もちろん!!肥大してませんでした〜!』

 

W先生『じゃ、とりあえずは、いいじゃないですか!』

 

m『うん♪』

 

 

祇萓犬汎韻幻解

 

 

 

 

 

エコー検査の画像データをUSBに入れて持参したけど

 

W先生『猫に小判で・・(画像データのこと)笑笑笑

    祇萓犬鮨頼してるのでいいよ!!』って。

 

 

 

 

祇萓犬凌濃.好織鵐后Ω〆催、あたしを通じ

伝わってるし、以前、症例会で会う機会があったそうで・・

 

I先生が『W先生の方からご挨拶いただきまして

     大変、恐縮です!』って言ってて、

 

先生同士、面識もあるのでより、いい!!

 

 

 

 

 

 

 

◆。妝丕淡〆困砲弔い

 

『膀胱炎の関係があるんじゃないの〜?』ってことで

次回の検査次第で考えればいい!って。

 

そーそーーーー!笑

 

 

 

 

 

 

 ドライフード使用について

 

体重増加をさせるためのドライフード使用なのだけど・・

食べさせた結果、発作を誘発する可能性もあるけど

やってみたら?ってことで・・

用意が出来次第、開始

 

 

 

で、

ここで、W先生の営業活動!プププ

 

 

 

動物のIgG検査(アレルギー検査)を構築した

M先生の検査機関でプロデュースのアレルギー対応の

フードがあるから、それ使ってみてよ!!って。笑

 

 

 

 

 

まぁ、使ってみてもいいと一瞬思ったけど・・

 

 

 

 

 

原材料を確認したら、抗酸化にローズマリーが

添加されてる。

あ”ーーーーーーーーーーー悩悩悩

 

ちなみに 1キロ 2800円

 

 

 

 

これ以下の入量サンプル等はないので

1キロのこれを購入ってことになるのだけど・・

 

 

 

 

『NG=メルの場合は発作誘発』が起こるなら

この1キロを食べてる間に出る可能性もある。

 

 

 

 

これ・・ほかのフードにもいえることで・・

最小単位で与えてみることになるのだけどね。

 

 

 

 

まぁ、いいフードは、ほとんどと言っていいほど

ローズマリーで抗酸化がなされてるので

今後、ローテーションしていくうちに、

ローズマリーが添加されてるフードも

使ってみてもいいか。。。とも思ってるけど、

 

 

 

 

とりあえずは、W先生が使ってみてほしいと言われた

フードは保留

 

 

 

 

ちなみに、このフードは動物病院専用商材で

R社のように療養食を一般ルートに流すことは

まずないと思うので・・病院購入になる。

 

 

 

 

そそ!

8月末に 無花果で発作を起して以降、

発作は起こってないのだけど、

別件のことが アレコレあって、

てんかん発作のことに気が回ってなかったのだけど・・

 

他の患者さんの発作状況・抗てんかん薬の話題から・・

 

そだそだ!!あと1ヶ月発作が起こらなければ

3ヶ月経過となるから、そしたら、

ゾニサミドも終了しようよ!!って提案!イヒヒ

 

 

 

 

 

W先生は、少量でも投薬継続の方がいいと思ってるようだけど

『飼い主さんがよければ、終了してみてもいいよ!笑』ってことで

 

m『もう終了終了〜〜〜〜〜!!!笑』

 

W先生『じゃ、11月末まで発作を起させないように!!』

 

m『はーい!頑張りま〜〜〜す!!!』

 

 

 

・・と投薬スケジュールの話もちょいとした。

あと1ヶ月!!

 

 

 

 

 

 

あと、食べ物絡みで・・

 

W先生から、食事指導を依頼されたコとは別の

もう一頭のボーダーコリー

 

飼い主さんが年配の方なので、先生の方で診察時に

アドバイスをするってことになり、

メルに使ってる生肉の購入先や量、

使用サプリなどを教えてほしいというので、

お知らせしてあげて、先生が伝授し、開始したそうな。

 

 

 

 

で、その食事内容に替えた途端、発作がおさまったそうで・・

さすがに3頭も!となると、先生も食事の影響を

認めざるを得ない!

 

 

 

 

 

これ、なんでも生食がいいっていうより、

(最初先生は 生食に多く含まれるある成分が

  いいんじゃないか?って言ってたのだけど・・)

 ↑

アレルギーを起す食材を除去した食事ってとこが

ポイントでね。。

 

 

 

 

そそ!その先生の方で指導したコも痩せてきたため

肉量を増やすように指示して与えたら下痢に

なっちゃったそうで・・

あたしは、生肉じゃない別の原因での下痢だと思うけどねぇ。

 

 

 

m『アレルギー疑いがあるなら動物用のミヤBMを

 常用していただけばいいじゃないですか!

 

 あたしは、O家(あたしが食事指導してるコのお宅)には

 強ミヤリサンでいいって言ってあるけどぉ〜〜』

 

 

 

 

。。って 言ったら、先生、またまた営業活動!笑

 

『ミヤBMより もっといい整腸剤がありますから!笑』

 

 

 

 

m『マイトマックスでしょ!そんな高い整腸剤を常用に

  使わせなくてもいいじゃないですか!!

  あ〜〜〜押し売り押し売り!!!笑』って

飼い主一同の声を代弁してさしあげたわよ!プププ

 

 

 

 

まぁ、たしかに病院商材のマイトマックス・スーパー?

いいと思うけど・・常用するには、高すぎる!

 

メ『ねぇ、まだ???』

 

W先生『 うん、もうちょっと待ってて。。』

 

 

 

 

 

 

 

ぁ.瓮薀肇縫鵑砲弔い

 

メラトニンって、聞いたことあるかな?

 

脳の松果体から分泌されるホルモンで

睡眠ホルモンとも呼ばれてる、眠りを誘うホルモン

 

もっと詳しく〜〜〜〜〜〜!!って方は

調べてみてちょーだいね!!

 

 

 

 

 

で、ナンデ、メラトニン?

 

ほら、メルにお水お水!!って何度も夜中に起されるから

あたしがつらい。。ってことで、

メルにぐっすりオヤスミいただこうじゃないのっ!って

メラトニンを使おうかと思ってね。

 

 

あっ、膀胱炎が改善されれば、このお水事情も解決するかも

と思わないこともないのだけど。。

用意しておくのだっ!

 

 

 

 

で、メラトニンは 国内では医薬品扱いなのかな??

 

海外では フツーにコンビニやドラッグストアで

扱ってて・・

 

メルのサプリを買ってるお店でも扱いがあるので

そちらから輸入しようかと。

 

 

 

 

でも何年か前に、夜中のてんかん発作が多くて

その時も、あたし@翌日フラフラで

W先生に『メルにメラトニン使ってもいいかな?』って 

聞いたことがあって・・

 

 

その時、先生、よくない!ってことだったので、

再度、今回確認したのに・・

先生、あっさり、いいよ!って。

 

 

 

 

 

えーーーーーーー

先生、前、ダメって言ったじゃーん!笑笑笑

まっ、いいなら いいけど。。笑

 

 

 

 

 

で、用量:3mg 5mg 10mgとあるので

どれを使ったらいいか確認!

 

→3mgを1錠から使ってみて、効きすぎなら半分とか

 調整すればいいと。

 

 

 

 

病院においてあるものも海外のメラトニン3mgらしい。

(痴呆のコなんかに使うらしい)

  ↑

ちなみに、メルはボケてないよ!プププ

 

 

 

 

まぁ、メラトニンは医薬品の眠剤みたいなものじゃないので

使用に心配はしてないけど、でも、どんな作用が起こるのか

あたしも飲んでみようと思うのだけど・・

 

 

 

 

何せ、あたし、寝つきがいいから、飲んだところで

このメラトニンの作用なのか?飲まなくてもふつ〜に

起こる眠気なのか、区別がつかないと思う。プププ

 

 

 

 

あっ、寝付きの悪い方、試したい人〜〜〜〜〜??

 

 

 

メ『先生、オヤツを取りに行ったのかな???』

 

 

 

 

 

ブーーーーーーーーーーーー×

 

ネコちゃんの用意ですっ!!

・・ってか 看護士ちゃんがお仕度してくれてるのを

見に行ったのだっ。

 

 

 

 

W先生の病院から里親に出すコは

健康チェックして、ワクチン接種して

引き渡してくださるし、(里親さんの負担はナシ!)

 

自費になるけど、猫エイズ、猫白血病ウイルス検査も

頼めばやってくれて、万が一、陽性で困るなら

キャンセルしてもいいっていってくれるので

多頭飼いのお宅で猫を追加するには

とってもよいと思う。

 

 

 

 

ちなみに、あたしが連れ帰って来た黒猫の女のコは

同胎の男のコと一緒に居たのだけど・・

ロビーには居なかったので、聞いたら、

男のコもすでに里親さんが決まったそう。

黒猫って人気なんだね〜☆

 

 

 

 

 

 

週末のお出掛けネタも まだですが・・

 

覚書を優先したいので

先に、タイトルの『続・オシッコ事情』を。。

 

 

 

 

 

 

週末のお泊り旅行では、『お水・お水!!』って

起されるか。。?

 

『オシッコ・オシッコ!!』って起されるのか??

 

まぁ、どっちかしらあるだろうな。。と思って居た!

 

 

 

 

 

 

 

先に結論を言っちゃうと、『オシッコ・オシッコ!!』と

消灯以降、朝まで3回起された。

 ↑

・・と言っても、寝たのが深夜0時

 

次→1時  次→2時  次→4時半

   

☆5時起床!ねむ〜〜〜〜〜〜ぅ

 

 

 

 

 

 

お水は 思いの外、あまり飲んでなくて、

飲水量に対し排出されてる量が多い印象

 

 

 

 

 

量だけではなく、それにしてもオシッコの回数が多すぎるため

祇萓検あたしの読み通り、細菌復活し

再び膀胱炎になってるんじゃないかと。。。

 

 

 

 

 

 

そして、この帰宅した日曜日は まぁフツ〜

(ホントは フツーじゃなかったのかも!?笑)

 

 

 

 

 

 

月曜日・・・昨日は、あたし@早出&残業で

いつも以上に長いお留守番だったメル

 

帰宅後・・

 

お水の器内→水ナシ

 

トイレ→ジャージャー大量のオシッコ

 

 

 

 

 

 

夜になり、またもや、多尿→多飲を繰り返す

 

 

 

 

 

 

で、今日、こりゃ、絶対、膀胱炎を起したなっ!!

検査検査〜〜〜〜!!

今日は、社外業務の日で

朝のうち、検査に出しに行く位の時間はあった。

 

 

 

 

 

 

採尿し、目視!!←毎度、一応やる!

あーーーーこりゃ、白血球の死骸でしょ〜!!

 

 

 

 

 

 

これにて、ほぼ確定だと思ったね!

 

 

 

 

 

 

 

受付に出し、診察不要で、検査して

膀胱炎確定なら、もう2週間分 抗菌剤出して!って

お願いした。

 

 

 

 

 

 

 

じきに 検査結果があがり・・

やっぱりねーーー!!

 

はい!抗菌剤投与決定!!!

 

 

 

 

まっ、これにて次回の検査で膀胱からの蛋白の零れの可能性を

除外出来るので、よかったといえば、よかったのだっ☆笑

 

 

 

 

 

 

この抗菌剤は、3日間の投薬で、とりあえず!

検査反応が出ない程度には細菌を叩けること

 

でも、これじゃ、完全じゃない!ってことが

わかりましたとさっ。

 

 

 

 

 

 

膀胱炎にて抗菌剤使用中のコは、症状が治まっても

勝手に投薬をやめないようにねー!!

 

メルみたいな目に遭うよ。笑

 ↑

。。って メルは勝手に止めたワケじゃないけどぉ〜〜!プププ

 

******************************

 

 

そして、夕方、W先生の病院に行ってきた。

 

もーもーーもーーーもーーーーー急がし〜〜〜〜〜〜〜@@@

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM